iPhone+nasneで録画した番組を持ち歩けるっ!

 

ついにこの日が来たか。

 

TwonkyBeam

Twonky Beam すげぇ。

 

地デジ、BS、CSの番組を録画できるネットワークストレージ「nasne」は非常に便利なアイテムです。

 

最初に便利だなと感じたのは、Webブラウザを介して予約録画ができること。友達から「そういえば今日、アレが放送されるよね?」なーんてオモシロ番組の情報をもらっても、もう「予約してなかった…orz」なんてことにはならないんですよっ!iPhone使えば外出先からでも録画予約できちゃうんですよっ!(まぁ同様の機能を有したレコーダーは他にもありますけど)

 

次に便利だと感じたのは、iOSアプリ「Twonky Beam」をインストールすることで、iPhone(iPad)から録画した番組を観れちゃうところ。操作性には若干難がありますが、かなり鮮明な映像・音声で番組を楽しむことができます。ちょっと前までは録画番組の視聴のみで、放送中の番組を観る(ライブチューナー)ことができなかったんですが、これも「TwonkyBeam」のアップデートにより可能となりました。すげー!これで寝ながらTV観れちゃいますけど、ウトウトして顔面にiPhone落下させないように気をつけてくださいね。

 

んで極めつけは、iPhone(iPad)への番組の持ち出し(ダウンロードムーブ)が可能になったこと。これも先日の「Twonky Beam」アップデートで可能になりました。iPhone(iPad)は国内メーカーの機器じゃないし、番組をまるっとダウンロードするのはさすがに厳しい
かなぁ、なんて勝手に想像してたんですけど、意外にアッサリと実現しちゃいましたね。でもこれってかなり凄くないですか?いや凄いでしょ?ていうかこれでまたPS Vita売れなくなるんじゃね?(笑)

 

ではダウンロードムーブから再生までの流れをスクリーンショットで説明いたします。

 

Twonky Beamはこのアプリ。

Twonky Beamはこのアプリ。

 

起動後に「マイメディア」を選択します。

起動後に「マイメディア」を選択します。

 

「nasne」を選択。ダウンロードされた番組は横の「ダウンロード済み」に保存されます。こちらはのちほど。

「nasne」を選択。ダウンロードされた番組は横の「ダウンロード済み」に保存されます。こちらはのちほど。

 

次に「ビデオ」を選択。

次に「ビデオ」を選択。

 

次に番組のジャンルを選択。今回はバラエティで。

次に番組のジャンルを選択。今回はバラエティで。

 

目的の番組をタップ。ダウンロードアイコンが表示されますので、そのアイコンをタップします。

目的の番組をタップ。ダウンロードアイコンが表示されますので、そのアイコンをタップします。

 

先ほどの「ダウンロード」フォルダに番組がダウンロードされます。

先ほどの「ダウンロード」フォルダに番組がダウンロードされます。ダウンロードが終了したら、アイコンをタップして再生してください。

 

毎度おなじみ流浪の番組タモリ倶(ry

毎度おなじみ流浪の番組タモリ倶(ry

 

WiFi環境によると思いますが、30分番組を約5分半でダウンロードできました。ソース自体、3倍モードで録画しているのも関係あるかもしれませんが、転送時間としては優秀な方ではないでしょうか。

 

ちなみに、ダウンロードしたものを観ながら「とかいいつつWiFi経由でストリーミングされてんじゃねえの?」という不安がよぎったのですが、WiFiをOFFにして再度再生してみたところ、オフラインでもちゃんと観ることができましたので念のため(笑)。

 

 

 

スポンサーリンク