iOSゲームレビュー「I am ボス」

 

昨日はJRのダイヤが停電の影響で盛大に乱れておりまして、特急なのに駅に着くたびしばらく信号停車という、“リアル牛歩カード状態”でした。車内であまりにもヒマだったため、ゲームでも遊んでみるかとダウンロードしたのがこの「I am ボス」です。

 

I am ボス

I am ボス

 

プレイ中の画面

プレイ中の画面

 

一見、普通の「グラディウス系横スクロールシューティングゲームに見えますが、プレーヤーが動かすのは左のビ○クバイパーではなく、右のイケてないクラゲ野郎です。

 

そう、タイトルの通り、シューティングゲームのボスになって正義の味方っぽい戦闘機をやっつけるゲームなんですね。

 

攻撃方法は三種類。画面をなぞると弾を連射、ダブルタップで触手攻撃、自機…というかボス(ややこしい)をタップし続けて指を離すと極太レーザー、といった具合。

 

攻撃その1

攻撃その1「通常弾」

 

攻撃その2

攻撃その2「触手」

 

攻撃その3

攻撃その3「レーザー」

 

敵機…というか戦闘機(ややこしい)は、イマドキの弾幕ゲーよろしく、当たり判定が超小さくて、こっちの弾をスルスルとすり抜けやがりますが、ボスの方は上下移動しかできないうえ全身に当たり判定がありますので、弾を喰らいまくりです。ヒジョーにボスの気持ちがわかるゲームシステムとなっております(笑)。

 

正直、単調なのですぐ飽きちゃうし、左上に広告がずーっと表示されてて“ミスタッチさせる気満々”なのが気に食わなかったりしますが、ネタで一回くらい遊んでみるのもいいかもしれませんね。無料だし。

 

 

 

スポンサーリンク