運動会にどうぞな望遠レンズ「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6」

 

望遠ズームはちょっと前まで「ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6」を所有してたんですが、「あんまり使う機会ないし、ま、いいか。」と、カメラと一緒に処分しちゃったんですよね。35mm判換算で600mm相当って、それはまぁ凄いといえば凄い焦点距離なんですが、いかんせんオートフォーカスがダメダメでした。動く被写体には追いつかないし、ちょっと暗いとピントが合わずに伸び縮みを繰り返す有様(笑)。ま、たいした腕じゃないというのが一番の原因でしたが。

HFS045200

GX1にH-FS045200を装着

カメラを買い替えたら標準域くらいのレンズでマッタリ写真散歩にいそしみますかね、なんて考えてたら、早速望遠レンズが必要なシチュエーションに出くわしてしまいました。あーまた購入ですか。金ねーよマジで。

スポンサーリンク

マイクロフォーサーズの望遠ズームとなるとOLYMPUSかPanasonicの二択になるんですが、所有するGX1にはボデイ内手ぶれ補正がありませんので、必然的にレンズ内手ぶれ補正の付いてるPanasonicから選ばざるを得なくなっちゃうわけですね。こういう時、ボディ内手ぶれ補正のあるOLYMPUS機はいいですね。マウントアダプタで装着したオールドレンズでさえ手ぶれ補正が効いちゃう訳ですから。

底面

GX1の底面からレンズがちょっぴりはみ出しますのでテーブルに置いたら傾きます

んで、Panasonicの望遠ズームで手の届く範囲(笑)となると、「45-200mm/F4.0-5.6(H-FS045200)」か「100-300mm/F4.0-5.6(H-FS100300)」あたりになっちゃいます。35mm判換算で400mmを選ぶか600mmを選ぶか。ヨドバシカメラの交換レンズコーナーで1時間くらい悩んだ挙げ句(マジで)、今回は「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.」を購入いたしました。ポイントは以下の4点。

 

1.おら200mmも300mmも正直わがんね(あまちゃん風)
ヨドバシカメラマルチメディア博多のカメラコーナーには、GX1に様々なLUMIXレンズを装着して試せるコーナーがあります。そこで両レンズのテレ端比べてみたんですが、驚くほどの差はないと感じました(個人の感想です)。価格差(後述)を考えたら、トリミングの手間も許せるかなぁ、と。

 

2.価格差2万円はデカい
45-200がヨドバシ価格32,800円、100-300が51,800円です。上記のとおり、それほどテレ側の像に差を感じなかったので、そこに2万円払うかと言われれば何とも微妙な感じでした。ちょっと追い銭すればもう一本レンズ買えそうですもんね。キレ味に差があるなら話は別ですが、価格.comとかの評価を見ても、両レンズとも、テレ端付近の描写は甘いって書いてありましたしね。

 

3.300mmをチョイスしたらカバーできない画角が生じる
GX1はレンズキットを購入したのですが、そのキットレンズ(H-PS14042)の焦点距離が14-42mmなんですね。200mmのズームはワイド端が45mmなんで、キットレンズとのつながり(?)が割といい感じになるんですが、300mmの方はワイド端100mmなんですよ。間がすっぽり抜けちゃうのがねぇ。レンズもう一本買えば?ってのはナシですよ(笑)。

 

4.あとはEXテレコンがなんとかしてくれる(ハズ)
LUMIX GX1には「EXテレコン」という機能があります。撮影素子の中央部分だけ切り出して、焦点距離を延ばすというもの。デジタルズームではないので画質の劣化はありません。いわゆるボディ内トリミングってやつですかね。トリミングといってもファインダーには既に拡大された像が表示されますので、ファインダー像と撮影結果が違う!ということはありません。この辺はミラーレス機の便利なところですなぁ。GX1の撮影素子は1,600万画素、EXテレコン使用時は800万画素(焦点距離1.44倍)もしくは400万画素(2倍)となります。大昔、「LUMIX DMC-FZ2」(200万画素)で撮影した画像をL判プリントして「ボケが奇麗!」なんて言ってた弊社からすれば、800万画素とか十分過ぎます。

 

個人的には使用頻度もそれほど高くないレンズですから、上記理由で自分を納得させることにします(笑)。

購入して間もないため、あまり突っ込んだ感想は書けませんが、使ってみて気付いた点…特にZUIKOの300mmとの違いを二つほど。

 

1.インナーフォーカスでイカス!
ZUIKOの300mmはフォーカスを合わせるのに前玉がグニグニと前後移動をしておりましたが、パナの200mmはインナーフォーカスなので動きません。ZUIKOの300mmは前玉が動く構造上、レンズフードを外す(反時計回りに回す)時に「うぃ〜ん」という音をたてながら前玉がせり出してくるという、なんとも気持ち悪い動きをしていましたが、パナの200mmではそんなことおこらないです(ちなみにパナの300mmもインナーフォーカス)。オートフォーカスの合焦も早く、モーター音も小さい気がします。

 

2.ズームリングの作りが雑い
なんというか、ズームリングのトルクにムラがあります。特に150-200のところが固い。あと、ズームリングは表面にラバーコーティングのような処理がしてあって、ゴミが結構付着します。滑り止めの効果は高そうですけど、手入れが面倒ですね。ここはフォーカスリングと同じようなプラスチックっぽい素材でも良かった気がする。

ズームリング

ズームリングのこの辺がちょっと固い

 

最後にキットレンズ(35mm判換算28-84mm)、望遠ズーム(同90-400mm)、望遠ズーム+EXテレコン(おそらく同560mm相当)の撮影サンプルを載っけときます。ご参考まで。

 

まずはキットレンズ「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm(H-PS14042)」のワイド端とテレ端。焦点距離は35mm判換算(2倍)で記載しております。

28mm

ワイド端28mm相当

84mm

テレ端84mm相当

 

続いて望遠レンズ「LUMIX G VARIO 45-200mm(H-FS045200)」のワイド端とテレ端。

90mm

ワイド端90mm相当

400mm

テレ端400mm相当

 

最後に望遠レンズのテレ端+EXテレコンの記録画素数8Mモード(800万画素)。

560mm

EXテレコン560mm相当

 

運動会とかでも結構使えるレンズだと思いますよ。コストパフォーマンスも高いし。

 

スポンサーリンク