AUGM長崎2013の適当レポート「株式会社ケイズデザインラボ」編

 

 

2013年6月8日に長崎県佐世保市で開催された『AUGM長崎2013』の適当レポートをまたまたお送りします。今回は「株式会社ケイズデザインラボ」さん編です。

 

3Dプリンタ

3Dプリンタ

 

ケイズデザインラボの原さんからは、3Dプリンタの現状などについてお話がありました。AUGM長崎にも3Dプリンタの実機を展示されており、実際にいくつかのモデルを出力するデモをされてましたね。

 

原さん

ケイズデザインラボの原さん

 

現在、3Dプリンタの注目度はとっても高く、連日のようにメディアから問い合わせがきているとのことでした。ただ最近は、「銃は作れるのか?」という問い合わせが多いみたいで、多少ウンザリしているようなご様子でした(笑)。

 

実際のところ、樹脂成形を行うタイプの3Dプリンタだと金属部品が作れないし、そもそも銃を作れる精度の3Dプリンタは民生用にはないので『絶対無理』だそうです。 ※金属を加工する3Dプリンタはあります

 

ルーク

3Dプリンタで出力されたチェスの駒(?)。内部に細かい螺旋階段が成形されているのがわかりますかね?

 

面白いなぁと思ったのが、「保修部品のデータだけ顧客に販売し、現物は顧客の3Dプリンタで出力してもらう」という海外の事例。3Dプリンタが一般家庭に普及するのはまだまだ先の話でしょうが、企業にこの仕組みが広がっていったら凄いですよね。工場と販売店(メンテナンス部門)の距離が無くなるわけですから、顧客満足度向上の面からも、ものすごいインパクトがあると思います。

 

最後にちょびっとだけ、3Dプリンタが動くサマを録って参りましたので共有させていただきます。これは上の写真であったチェスの「ルーク」みたいなものを作ってるところですね(色は違いますが)。

 

 

スポンサーリンク