MacBook Proで「ドラクエX」のベンチマーク走らせてみた

 

「ドラゴンクエストX」のWindows版ベンチマークソフトが公開されてしばらく経つのですが、いまさらながら自宅のMacでベンチマークを走らせてみましたので参考までに数値を公開します。同じような環境の方は参考にしてください。

window_mode

ウィンドウモードの結果

私の所有するMacBook Pro(以下「MBP」)のスペックはこちら。 ベンチマークはBootcanpで起動したWindows 8(32bit)上で走らせています。

 

【MBP(Mid 2012)のスペック】

CPU:2.3GHz Core i7
GPU:NVIDIA GeForce GT 650M
メモリ容量:16GB(認識は2GB)
HDD:Momentus XT 750GB+SLC8GB

 

ちなみに冒頭の写真が、ベンチマークソフトを初期設定のまま起動した結果です。んで、下は最高品質のフルスクリーン。RetinaじゃないMBPだと表示解像度の関係上、これが最高の設定になるのかな?

full_mode

フルスクリーンの最高品質

「最高品質」を選ぶと明るい場面でのフォグというか、ぼんやりとした光の表現が追加されます。でも、最高品質にしてもテクスチャの高精細化などは行われないので、キャラクターの表情がアップになるとドットがそのまま拡大されてるみたいにガクガクというかボケボケ。「標準品質」を選択してもWii Uと同じくらいの品質らしいので、「最高品質」を選ぶ必要はあまりなさそうですね。

ベンチマーク

ベンチマークの様子

ちなみにこのベンチマークソフト、計測後にWindows版「ドラクエX」のβテストに申込むことができます。つまり、『ベンチマークソフトの使用=βテスト参加権』みたいな感じですか。

しかしながら現在、Windows版のβテストは行われておりません。6/22にスタートした「フェーズ1.0」が7/10に終了し、7/26から実施される「フェーズ1.1」に向けて、スクエニの中の人が頑張ってデバッグとかやってる最中だと思われます。

私もフェーズ1.1が始まったら、少し遊んでみようかなと思ってます。

 

スポンサーリンク