ゲームミュージックの話「シルフィード」

 

 

今回ご紹介するサントラは、3Dシューティングゲーム「シルフィード」です。

 

シルフィード

SILPHEED

 

シルフィードは1986年にゲームアーツがNECのパソコン、PC-8801向けに発売したものが元祖なんですが、こちらは1993年にメガCD向けにリメイクされたもののサウンドトラックです。あ、でもボーナストラックとして2曲だけPC88の曲が収録されていますね。

 

どういうゲームなのかは下のYoutube動画でご確認いただきたいんですけど、コレ、20年以上も前の家庭用ゲームなんですよ。凄くないですか?

 

 

当時のハードにはこれだけのポリゴンを描画する能力はありませんでしたが、そこは技術力の高さでメガドライバーのハートをワシ掴みにしていたゲームアーツ。謎の技術で大量のポリゴンを描画してくれちゃってます。

 

一説によると、背景はプリレンダリングされたものを圧縮してストリーミング再生しているのではなく、計算済みの(膨大な)頂点データをCDから読み込みつつ、描画のみリアルタイムでやっているとかいないとか(噂)。ま、理屈はわからなくたって、凄いことやってるのは映像からもわかりますよね?(汗)

 

前置きが長くなりましたけど、本題のBGMの話。

 

実機はメガドライブ本体のFM音源と、メガCD内蔵のPCM音源をミックスしたもの(上記動画で聴けますね)が使われています。んが、今回紹介するサントラは1曲目の「OPENING」、2曲目の「GREASON JACK」7曲目の「LANDING APPROACH」、13曲目の「ENDING」を除き、全てアレンジバージョンとなっています。ちなみに5曲目は未使用曲。

 

アレンジはどれも素晴らしく、オリジナルの良さを生かしたままスケールアップしている感じなので、「原曲じゃないのかー」と落胆せず、是非聴いていただきたいです。はまると思いますよ。11曲目の「月面」とか超カッコイイですから。ゲームの方はすごく難しかったですが、月面(笑)。

 

なにげにボーナストラックとして収録されているPC88版の曲もいいですね。特に「The legend of Silpheed」、かっこ良過ぎ。

 

サントラ聴いてたらゲームしたくなったなぁ。バーチャルコンソールあたりで配信していただけませんかね?(誰となく)

 

 

【収録曲】

01.OPENING
02.GREASON JACK
03.アステロイド
04.建設中の要塞
05.氷の惑星
06.亜空間
07.LANDING APPROACH
08.小惑星帯
09.機動要塞
10.大艦隊
11.月面
12.SCRAMBLE
13.ENDING
14.The legend of Silpheed
15.Little moments peace

 

 

スポンサーリンク