バッテリーがくっついたiPhoneケース「PowerSkin for Apple iPhone 5」を使ってみた

 

 

Appleユーザの祭典「Apple User Group Meeting(AUGM)」には、『ジャンケン大会で景品を頂いたら必ずレビューを書かなければいけない』という鉄の掟があります。って以前にも書きましたね。

 

ps

PowerSkin

 

んでもって今回ご紹介する製品は、先月開催されたAUGM長崎2013で頂いた、オーセラスジャパンの『PowerSkin for Apple iPhone 5』です。これ、ジャンケンで勝って頂いたものではないんです。なんと全員にプレゼント(いわゆる「全プレ」)だったんです。太っ腹!

 

スポンサーリンク

 

パッケージの中身はこんな感じです。

 

箱の中身

箱の中身

 

バッテリー一体型のケース、充電用のUSBケーブル、そしてマニュアルですね。

 

んでは外観を見てみましょう…

 

外観(内側)

外観(内側)

 

素材はシリコンです。なので握力をかければグニグニ変形します。落としても割れる心配はないですね。まぁiPhoneの方が割れちゃう可能性はありますけど(笑)。

 

んでもって裏面…

 

外観(裏側)

外観(裏側)

 

シリコンなので持つと手になじむような感覚はあります。んが、ホコリが付きやすいのが難点か。

 

接続は下部にあるLightning端子で。固定してあるように見えますが、ケーブルが付いててある程度可動するようになってます。外すときにムリな力がかからずイイ感じ。

 

ライトさん

ライトニングさん

 

背面のボタンを2秒長押しすると給電開始。ブルーのLEDがぼんやり浮かび上がる感じがイカス。

 

給電ボタンとインジケータ

給電ボタンとインジケータ

 

iPhoneに装着したところ。マイクとスピーカーのところは塞がれないよう、半円形のミゾが切ってあります。なので、音は前面に出てくる感じに。

 

装着したところ

装着したところ

 

持ったところ。縦長になりますが、そんなに違和感はない。厚みも増すので、手の大きい方は握りやすくなるんじゃないでしょうか。

 

持ったところ

持ったところ

 

実際にこの製品を使って充電してみました。バッテリー容量6%からスタートです。

 

充電開始

充電開始

 

充電終了。70%くらい回復してます。充電に要した時間は約1時間ですかね。

 

充電終了

充電終了

 

別途モバイルバッテリーを持ち歩かなくていいうえにiPhoneを保護してくれるという一石二鳥な製品なので、「いつも微妙にバッテリー足りなくなるんだよなぁ」って方は、購入を検討してもいい商品なんじゃないでしょうか。そうそう、ちゃんと『Made for iPhone』の認証取ってありますしね。

 

あ、最後に注意点を一つだけ。

 

この製品を装着すると、オーディオジャックの位置が深くなりますので、ジャックの形状によっては使えないヘッドホンが出てきますのでご注意ください。L型のジャックは完全アウトです。

 

ジャックが深い

ジャックが深い

 

 

スポンサーリンク