ゲームミュージックの話「ダライアスバースト」

 

 

昨日ダライアスバーストのアプリ紹介をしましたので、今日は流れ良く「ダライアスバースト オリジナルサウンドトラック」を紹介したいと思います。

 

ダライアスバースト

ダライアスバースト

 

「ダライアスバースト」はタイトーが2009年に発売したPSPのシューティングゲームです。初代ダライアスがリリースされたのが1985年ですから、もう30年近くも続いているシリーズになりますね。ま、次回作が発表されてませんから、続いているという表現が合っているのかわかりませんが。

 

スポンサーリンク

 

ダライアスの特徴と言えば、敵が魚介類をモチーフにしてあること、ボス戦が非常に熱いこと、そしてBGMが素晴らしいことがあげられます(独断と偏見)。BGMは初代から「Gダライアス」まで、タイトーのサウンドチームZUNTATAに所属する(というかしていた)OGRさんこと、小倉久佳(おぐらひさよし)さんが担当されてました。

 

私は超が付くくらいOGRファンなので、「ダライアスバースト」は現ZUNTATAメンバーの曲が大半で、OGRさんは1曲のみの担当だというニュースを聞いた時、正直落胆したんですよね。あータイトーなんもわかってねーわ、って。

 

ゲーム画面

ゲーム画面(PSP版)

 

んがしかし、「ダライアスバースト」のBGMはスバラシイ!タイトーさんはちゃんとわかってました、このゲームでBGMがいかに大事かということを。やっぱりZUNTATAのみなさんはイイ仕事をします。実際の曲を聴く前に落胆してた自分に落胆ですよ。本当にゴメンナサイ。

 

もう、ゾーンA(1面)の「Good-bye my earth」から凄い。続く面の「Cylinder」もなのですが、サンプリングボイスっぽいのが妙な味を出してます。最初はなんとなく「音痴なのですか?」みたいな違和感を感じるんですが、聴いていると段々クセになります(笑)。ボス曲「Hinder Three」、ワープ面の「Abyssal Holic」も好きだなぁ。

 

カウンターバースト

カウンターバーストがアツい

 

作曲した時点ではゾーンAの曲だったけど、デキが良すぎて最終面の曲になったという逸話がある「The world of spirit」も非常にいい曲です。ゲーム中はステージ開幕からボス戦まで通しで流れるのですが、曲がサビに入ると同時にボス戦になる演出がニクイ。これで燃えない奴はいない(笑)。

 

そしてなんといってもOGRさんが作曲した「Hello 31337」が激アツです。この曲はダライアスの象徴ともいえるクジラ(グレートシング)戦で流れるんですけど、曲はカッコイイわ、クジラは強いわで、これで燃えな(以下略)

 

iTunes Storeでの配信が活発なタイトー作品でありながら、なぜかこのアルバムは配信されていないんですよね。かなりオススメな作品なので、非常に残念です。ただ、一部ではありますが、ZUNTATAの公式サイト「Z-FIELD」で試聴できるみたいですので、興味のあるかたは是非聴いてみてくださいね。

 

 

【収録曲】

01.Open the Zone
02.Start
03.Go
04.Good-bye my earth
05.Hinder One
06.Cylinder
07.Hinder Two
08.Bless you
09.Iron Corridor
10.Hinder Three
11.All in good time
12.Abyssal Holic
13.Hinder Four
14.Calm down
15.Syvalion arrange ONE
16.Syvalion arrange MMIX
17.Makes sense
18.Baptize Silver Hawk
19.Fast lane
20.You’ll be in my thoughts
21.Dograce
22.Shady
23.Stop
24.I LED NU-RED-GAS
25.Warning!
26.Hello 31337
27.The world of spirit
28.Pay blue’s respects

 

 

 

スポンサーリンク