ゲームミュージックの話「サイトロン ビデオゲームミュージック年鑑 1990」

 

 

どうも、ゲームミュージックが主食の☆代表☆です。今日ご紹介するゲームのサントラは、一粒で2度どころか10度美味しい『サイトロン ビデオゲームミュージック年鑑 1990』です。

 

ビデオゲームミュージック年鑑 1990

ビデオゲームミュージック年鑑 1990

 

なんで“10度美味しい”のかというと、このアルバムにはアーケードゲーム10作品のアレンジバージョン各1曲と、オリジナルバージョン全曲が収録されているんですね。まぁその結果、CD3枚組という特大ボリュームになってるのですが。

 

スポンサーリンク

 

このアルバム、その昔一世を風靡したアーケードゲーム誌「ゲーメスト」が、毎年読者投票による「ゲーメスト大賞」というのをやってたんですけど、その中の一ひとつ「VGM(ビデオ・ゲーム・ミュージック)部門」で上位入選した作品をまとめたものなんです。

 

つまりコレ、読者の人気投票で選出された1990年のベストアルバムということになりますね。なので、どの曲も素晴らしく、大変満足度の高いアルバムと言えます。

 

ただ、タイトルに「サイトロン」とあるように、収録されているゲームは、サイトロンレーベルでサウンドトラックを発売していたゲーム(ていうかメーカーか?)に限定されてるんですよね。

 

CD型カレンダー

オマケのCD型カレンダー

 

1990年のゲーメスト大賞VGM部門にはコナミの「パロディウスだ!」や「グラディウスIII」がランクインしてるんですけど、コナミのサントラは当時キングレコードからリリースされてましたので、このアルバムには残念ながら収録されていないんです。とほほ…

 

とはいうものの、前述のとおり読者(いや、ゲーマーというべきか)の人気投票による選出であるため、ハズレが少ないアルバムですし、また、1990年にどんなゲームが流行ってたか知ることができる、資料価値あるアルバムとも言えます。

 

ちなみに私のオススメは、アレンジバージョンでいくと「マーベルランド」「ダークシール」「ウイニングラン鈴鹿GP」かな?オリジナルバージョンでは「空牙」が好きです。あのサンプリングギターがたまらん!

 

23年前にリリースされたアルバムですから滅多にお目にかかれるものではありませんが、素晴らしい曲がたくさん収録されていますので、機会があったら是非聴いてみてくださいね。

 

 

【収録タイトル】

01.FINAL FIGHT (CAPCOM)
02.MARVEL LAND (NAMCO)
03.空牙 (DATA EAST)
04.DARKSEAL (DATA EAST)
05.G-L.O.C. (SEGA)
06.AIR BUSTER (KANEKO)
07.ROD LAND (JALECO)
08.CAMELTRY (TAITO)
09.NAM-1975 (SNK)
10.WINNINGRUN SUZUKA GP (NAMCO)

 

 

スポンサーリンク