図書館利用が楽しくなるiPhoneアプリ「ぞーしょ」で気になる本を探そう!

 

 

こんにちは、買った本と買ったゲームのほとんどを消化できていない☆代表☆です。今回は読書好きにはたまらない、便利なiPhoneアプリをご紹介いたします。その名も『ぞーしょ』。

 

ぞーしょ

ぞーしょ

 

このアプリ、簡単に説明すると、読みたい本が近くの図書館にあるか調べることができるアプリです。

 

スポンサーリンク

 

App Storeのアプリ説明には次のように書いてあります。

 

全国6000を超える図書館・約7300万件の文献情報を網羅した『ぞーしょ』は、全国の図書館から探したい本の蔵書状況・貸し出し状況を簡単に知ることができ、図書館によっては予約まで可能にする書籍検索・図書館蔵書検索アプリケーションです。

 

読みたい本がある場合、アプローチとしては、“買う”か“借りる”かの二択になると思います。んで、買う方のアプリってAmazonをはじめ、山ほどあるんですけど、借りる方の手助けをしてくれるアプリって珍しいですよね。

 

図書館の本を検索するという発想も凄いですが、そもそも図書館の蔵書に関するデータベースがあって、それに(まぁライセンスとかあるんでしょうけど)アクセスできるという事に驚きました。スゲーです。

 

では早速、どんな感じのアプリか見ていきましょう。

 

 

キーワードで本を探す

本の名前や、著者名がわかっているのであればキーワード検索で蔵書のある図書館を探すことができます。それでは「キーワードで探す」をタップしてみましょう。

 

キーワードでさがす

キーワードでさがす

 

次に本の名前を入力します。とりあえずパッと浮かんだ「はらぺこあおむし」を検索します。これがパッと浮かぶのもどうかと思いますが(笑)。

 

「はらぺこあおむし」を検索

「はらぺこあおむし」を検索

 

検索結果

検索結果

 

ほほぅ、いろんなバージョンがあるんだなぁ。割とノーマルそうな2番目のやつをタップしてみます。

 

書籍の情報

書籍の情報

 

本の情報が表示されました。ではiPhoneのGPS機能を使って最寄の図書館を探してみます。では「現在地周辺」をタップ、と…

 

図書館の検索結果

図書館の検索結果

 

をを!シーオーレにあるのか。ていうか居住区域がバレましたね(笑)。サーチ範囲に図書館が複数あれば、もちろんヒットしただけ図書館が表示されます。ここでは一つしかないので(笑)この結果をタップ。

 

指定した図書館での貸し出し状況など

指定した図書館での貸し出し状況など

 

ここで本を貸し出し中か否か、確認することができます。凄い。地図も表示されてますね。さらに、各図書館の予約ページに飛ぶこともできます。「貸出予約」をタップしてみます。

 

該当図書館の予約ページ

該当図書館の予約ページ

 

図書館の貸し出しページに飛びました。事前に図書館で借用の許可証を発行してもらうなど、図書館毎に貸し出しのルールが異なると思いますので、そのあたりは直接図書館にお尋ねください。

 

 

ISBNで本を探す

本の裏っ側を見ると、たいてい二つのバーコードが印刷されています。一つは「JAN(Japanese Article Number)コード」と呼ばれる商品識別コード。そしてもう一つは「ISBN(International Standard Book Number)」と呼ばれる世界共通の図書番号です。『ぞーしょ』ではこの「ISBN」をスキャンして本を探すこともできます。

 

「バーコードでさがす」をタップ

「バーコードでさがす」をタップ

 

では、皆さんのご家庭にも必ず1冊は置いてある、ウォルター・アイザックソン著「スティーブ・ジョブズ I」で試してみましょう。

 

家庭によくあるジョブズ本

どこの家庭にもよくあるジョブズ本

 

上が「ISBN」下が「JAN」

上が「ISBN」下が「JAN」

 

本の裏にあるバーコード。「978」から始まるのがISBN、そうじゃない方がJANです。両方カメラで捉えた場合、JANの方をスキャンしてしまうことがありますので、JANの方は指で隠して読み取りましょう。この辺の対応は今後のバージョンアップに期待です(笑)。

 

バーコードスキャンの結果

バーコードスキャンの結果

 

ジョブズ本の詳細

ジョブズ本の詳細

 

サクッと本の情報が表示されましたね。この後の操作はキーワード検索の時と同じです。

 

 

その他の機能

「持ってる本を置いてる図書館を探すの意味なくね?」って思われた方もいらっしゃると思いますが、『ぞーしょ』は図書館を探すだけのアプリではありません。検索結果にある「クリップ」をタップすると、検索した本を「お気に入り」「読みたい」「借りた」「買った」「読んだ」に分類しておくことができます。

 

「本をクリップ」の画面

「本をクリップ」の画面

 

なので、「見つけたけど貸し出し中だったから今度借りるか。」という備忘録的な使い方や、自宅の本棚の本を片っ端からスキャンして「俺はこんなに本を読んでるぜ!」と、ひとり悦に入るといった使い方もできるんですね。

 

あと、自宅の本をスキャンしておけば、持ってる本を間違って本屋で買っちゃうということも防げます。

 

また、本を検索したけど「近くの図書館にないよ!」なーんて場合でも、楽天ブックスやAmazonに飛んで本を購入することができます。この辺の使い勝手は、ネットショッピングアプリと同じですね。

 

「この本を購入する」の画面

「この本を購入する」の画面

 

 

図書館が楽しくなるかも

私は普段、あまり図書館を利用することないんですけど、この『ぞーしょ』を触ってると、便利だし、今度行ってみようかなぁ…なんて気持になってきます。実際、足を運んでみると思いがけない本に出会うこともあって結構楽しかったりするんですよね。本屋さんと違って、割と気兼ねなく居座れますし(をい)。

 

皆さんも『ぞーしょ』で気になる本を探して、図書館に出かけてみませんか?

 

以上、「本って買うだけじゃなく、借りるっていう手もあったなぁ…」思いつつ、本棚に詰め込まれた未読の本たちをボンヤリ眺める☆代表☆でした。

 

 

 

スポンサーリンク