スマホ対応マーカー「AnkiSnap」で新聞や雑誌を切り抜かずにスクラップしちゃおう!

 

スマートフォンに対応したマーカーということで話題の、ぺんてる『AnkiSnap(アンキスナップ)』を購入しました。この製品には前回紹介した「暗記用マーカー」と「スクラップ用マーカー」の2種類があります。今回は「スクラップ用マーカー」を紹介します。

AnkiSnap(スクラップ用マーカー)

AnkiSnap(スクラップ用マーカー)

この製品は、どういうものかといいますと、新聞や雑誌など、スクラップしたい記事を線で囲んだあと、専用アプリで撮影するとあら不思議、線を引いたところだけ切り抜かれてスクラップできちゃう!という面白アイテムなんです。

スポンサーリンク

ハサミとか貼り付ける台紙なんかが不要で、簡単に電子スクラップブックが作れちゃいます。

説明書き

説明書き

パッケージはこんな感じです。

パッケージ正面

パッケージ正面

パッケージの裏面。対応機種はいまのところ「iPhone 5(s/c)」「iPhone 4S」「iPod touch(第5/第4世代)」、対応OSは「iOS6以降」となっております。Android用のアプリは12月にリリースされるみたいですね。「暗記用マーカー」と使用条件は同じ。ていうか使用するアプリが同じなので当然か。

パッケージ裏面

パッケージ裏面

パッケージを開封。中にはペンとシリアル番号が書かれたカードが入っています。この番号は専用アプリを使うのに必要です。アプリ利用に制限を設けている理由は「暗記用マーカー」と同じ(笑)。

パッケージの中身

パッケージの中身

ペンはノック式。

隠れてる芯が...

隠れてる芯が…

ノックするとフタが開いて芯がでてきます。かっこいい

シャキーンと出てくる

シャキーンと出てくる

では試してみましょう。スクラップしたい部分を専用マーカーで囲みます。

切り抜きたい部分を囲む

切り抜きたい部分を囲む

iPhoneアプリ「AnkiSnap」を起動。アプリはApp Storeでダウンロードしてくださいね。

「AnkiSnap」アプリメニュー

「AnkiSnap」アプリメニュー

パッケージに入っていたシリアル番号を入力します。アプリを利用できる期間は1年間です。「暗記用マーカー」と「スクラップ用マーカー」は別々のシリアル番号で管理されます。アプリじゃなくてペンを売る商売だから仕方ない。

同梱のシリアル番号がないとアプリを使用できません

同梱のシリアル番号がないとアプリを使用できません

先ほど線を引いた部分を撮影します。

専用アプリで撮影

専用アプリで撮影

撮影するとマーカーを引いた部分が選択されます。

ペンで囲んだ部分が選択される

ペンで囲んだ部分が選択される

黒い枠はカドの部分を動かす事ができます。

選択部分の補正も可能

選択部分の補正も可能

つまりこれ、ナナメから撮影しても台形補正できちゃうわけです。

ちょっとナナメから撮影しても...

ちょっとナナメから撮影しても…

こんな感じに。

ご覧のとおり補正されます

ご覧のとおり補正されます

更に撮影画像の回転なんかもできますので、横向き、しかもナナメから撮影した画像でも…

ナナメ横から撮影しても大丈夫

ナナメ横から撮影しても大丈夫

こんな感じで補正できます。ナナメだとピントが合わない部分がでちゃうので、ちゃんと正面から撮影した方がいいと思います。そもそも対象にペンが引ける状況で、ナナメから撮影しないといけないケースなんて無いと思いますが(笑)。

ピント合わないところがでますけどちゃんと補正

ピント合わないところがでますけどちゃんと補正

先ほど編集した写真はアプリの「SCRAP FOLDER」に保存されていますので、該当する写真をタップ。

スクラップ選択画面

スクラップ選択画面

このように、マーカーを引いた部分がスクラップされています。青いマーカー部分が消えたら感動したんだけどなぁ。まぁこのあたりは大きめに囲って、撮影範囲の編集画面で線の内側を選択するといった工夫が必要ですね。アプリ側にマーカーの外側を選択するのか内側を選択するのかといった設定があるといいんですけど。今後のアップデートに期待。

Twitter投稿もできるけど著作権が気になる...

Twitter投稿もできるけど著作権が気になる…

写真は配布したりすることも可能です。アイコンは左から「Twitter」「メール」「カメラロールに保存」「メモの書き込み」そして「削除」です。

「AnkiSnap」アプリをインストールしているスマホ同士であれば、Bluetoothを使用してファイルを共有することができます。転送にはやっぱり時間がかかります。今後のアップデートでのWiFi対応に期待したいところです。

Bluetoothを使って共有も可能

Bluetoothを使って共有も可能

以上、「AnkiSnap」スクラップ用マーカーのご紹介でした。

ハサミで切り抜く作業が面倒な方や、印刷物にハサミを入れることにためらいを感じる方には便利なアイテムだと思います。でもこれ、「暗記用マーカー」と同じくなんの変哲もない蛍光ペンなんですよね。「線を引いた数時間後に消えるインクを採用!」とかだったらもっと感動したんですけどね。

まぁ、そんなことしちゃうと書店でスクラップするマナー違反な輩が出てきちゃうからダメか(笑)。

 

 

スポンサーリンク