AUGM北九州で「Parallelsのお箸」をいただきました(なんでお箸?)

 

Appleユーザの祭典「Apple User Group Meeting(AUGM)」には、『お土産(景品)を頂いたら必ずレビューを書くべし!』という鉄の掟があります。この掟を守るべく、今回は「AUGM北九州2013」でいただいたParallelsのノベルティグッズ、『お箸』を紹介いたします。

Parallelsのお箸

Parallelsのお箸

このお箸、トブさんトブiPhone管理人さん)がAUGMの抽選会で大量ゲットされまして、それを無理矢理一膳おすそわけしていただいたものです。トブさんその節はありがとうございました(笑)。

スポンサーリンク

Parallelsといえば、Macユーザには「Parallels Desktop 9 for Mac」という仮想マシン環境ソフトウエアでおなじみの会社ですね。Intel Mac上でWindowsを動作させるあのソフトウエアです。私も大変お世話になっております、ドラクエで。なんでも国内の代理店がact2に変わるとか変わらないとか。

では早速、お箸の方をを細かく見ていきましょう(笑)。

頂いた時の状態

頂いた時の状態

こんな感じで真っ赤なお箸です。いわゆる「塗り箸」ですね。お弁当箱セットに付いてるようなプラスチック製とかじゃないです。質感はなかなかイイ。さすがに漆塗りではないと思いますが。

持ち手(っていうのか?)の方には銀色に輝く「Parallels」の文字が。なんとなく赤鉛筆っぽい。

「Parallels」の文字が眩しい

「Parallels」の文字が眩しい

このお箸には、箸の先を覆う樹脂性のカバーが付属しています。たぶん、お弁当とかマイ箸として持ち歩くことを考慮してのことでしょうね。

箸先のカバー

箸先のカバー

このカバーは二枚貝のように開きます。こうやって開くと隅々まで洗えて内部を清潔に保てますな。細かい配慮がイイ感じです。

カバーはこうやって開きます

カバーはこんな感じに開く

持ったところ。短いお箸は使いづらかったりするんですが、これはなかなか丁度エエ長さ。

長さもいい感じ

長さもいい感じ

しかしまぁ、なんで仮想マシン環境ソフトウエアのノベルティがお箸なのでしょうか(笑)。

私の推測としては、Parallelsのロゴって左側に赤い縦棒(平行=パラレル)が描かれているんで、これに似た形状のものということで「赤いお箸」が選ばれたんじゃないかなぁ、と。皆さんどう思われます?

Parallelsのロゴ

Parallelsのロゴ

この箸の件がAUGMの懇親会で話題になったとき、

 

Paralells…パラレルといえばスキーのパラレルターン。そこで考えられたのがスキー板に似た形状のもの…つまり『お箸』だ!

 

という、お前はMMRのキバヤシか?と言いたくなるような持論を展開している方がいらっしゃいましたが、多分違うと思う。

 

スポンサーリンク