今月amazonで買った本(2013年11月)

 

今月(もう「先月」だけど)も色々と本を買ってみましたのでご紹介します。やっぱ「Kindle Paperwhite」って便利だわ。

アマゾンといえばダンボー

アマゾンといえばダンボー

 

心配ぐせを直せばすべてが思いどおりになる

まぁ極論だけど「悩んで解決することだったらいいけど、悩んでも解決しないんだったら悩むな。」ってことかな(笑)。言いたい事はわかるけど、人間の思考なんてそんな簡単なものじゃないしなぁ。コレに書いてあることを全て実践するのは無理だけど、一部だけでも実践できたなら、多少は心が軽くなると思います。

 

 

スティーブ・ジョブズ

ハードカバー版を持っているのに、Kindleでいつでも読めるようにしておきたくて、思わず買ってしまいました。後悔はしていない(笑)。伝記ものっていくつか読んだことありますが、この本は抜群に面白い。かなりのボリュームなんですけど、一気に読んでしまいました。少しでもジョブズやAppleの事について興味があるんだったら必読ですね。

 

 

虐殺器官

先月紹介したハーモニー」と同じ、伊藤計劃(いとうけいかく)さんのSF小説です。これまた面白くて引き込まれてしまいました。伊藤さんは「メタルギア」のコアなファンであることが有名なんですけど、まさに「メタルギア・ソリッド」シリーズのような世界観。メタルギアが好きな方は必読です(笑)。

 

 

思考の「型」を身につけよう

どうやったら「論理的思考」が身に付くかを解説した本です。…んが、私にはちょっと難解すぎた(笑)。amazonのレビューで結構絶賛されてるんですけど、理解できなかった私って、割とヤバい感じですかね?

 

 

宇宙のランデヴー

アーサー・C・クラークの代表的(らしい)なSF小説。先月読んだ幼年期の終り」がとっても面白かったので、今月もアーサー・C・クラークの作品を読んでみました。これまた面白くて一気読み。著者の計り知れない想像力に驚嘆しました。それに比べ、「ラーマ」と聞いた瞬間、マーガリンを思い浮かべた私の貧相な想像力といったら…

 

 

いや〜最近は本を読むのが楽しいですね。12月はなかなか時間とれないかもしれませんが、可能な限り一冊でも多く読みたいですね。

 

スポンサーリンク