レトロゲームが大好きな人は絶対行くべき!なハウステンボスの「ゲームミュージアム」

 

どうも、生まれて初めて買ったファミコンソフトは「バンゲリングベイ」な☆代表☆です。

ゲームミュージアム

ゲームミュージアム

長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」に、この夏、ゲームファン必見の施設が登場します。その名も「ゲームミュージアム」。

ゲームミュージアム in HUIS TEN BOSCH(ハウステンボス公式)

スポンサーリンク

ゲームミュージアム」は、7月5日から始動するハウステンボスの新しいイベント空間、「ゲームの王国」の一部として開設されます。「デジタルゲームの過去、現在、未来を体験できる」というコンセプトの施設で、気になるコンテンツは…

  • 30年余に及ぶゲームの歴史を映像で振り返る「ゲームツリー」
  • 1970年代のゲーム喫茶を再現した「UFOゲーム喫茶」
  • 1980〜1990年代のゲームセンターを再現した「懐かしのゲームセンター」
  • ソニックなどのゲームキャラクターの歴史を振り返る「キャラクタースタジオ」
  • オデッセイ(世界初の家庭用ゲーム機)からPS4まで、家庭用ゲーム機が60台以上展示される「ゲームヒストリー1972-2014」
  • 開発中のゲームや未発売のゲーム、体感型のゲームに触れることができる「ゲーム・フューチャー」
  • ここでしか買えないゲームキャラクターグッズを扱う「ゲームショップ」

といったものになるようです。個人的には「懐かしのゲームセンター」と「ゲームヒストリー」がとってもとっても気になります。

今回の企画には国内のゲームメーカーも多数協賛されてまして、現時点(2014.05.21現在)で明らかになっているだけでも、

  • コーエーテクモゲームズ
  • コナミデジタルエンタテインメント
  • セガ
  • ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • タイトー
  • バンダイナムコゲームズ
  • 日本マイクロソフト

などが名を連ねております。

コンシューマゲームのプラットフォーマーであるソニーやマイクロソフト(セガもかな?笑)が入ってますので、ぜひとも任天堂にも加わっていただきたいですね。ていうかゲームの歴史を語る上では入ってもらわないとダメでしょ。

大手ではスクエアエニックスも入ってませんが、以前ハウステンボスで「ドラクエ展」を開催した実績がありますので、そのうち賛同してくれるものと勝手に期待しています。レベルファイブあたりも入ってくるでしょうねぇ。会場を「妖怪ウォッチ」一色にしちゃったりするのは勘弁してほしいですが。

ドラクエ展」や「カプコンサマーフェスティバル」など、毎年ゲームファンを魅了するイベントを展開してきたハウステンボスにこの夏も注目です。

ただ、ハウステンボスが“オランダの街並みを再現したテーマパーク”という開設当初のコンセプトからかなり外れたところを爆走している気がするのは気のせいでしょうか(笑)。

 

スポンサーリンク