道の駅青雲橋のチキン南蛮

宮崎県日之影町の「道の駅 青雲橋」でチキン南蛮を食べた

 

どうも、ホカ弁のチキン南蛮弁当はニセモノだと思っている☆代表☆です。

先日帰郷した際、本場宮崎でチキン南蛮を食べてきました。お店は「道の駅 青雲橋」。

スポンサーリンク

この道の駅は宮崎県の北端、西臼杵郡日之影町にあります。人口約4,000人の小さな町です。

道の駅の外観はこんな感じ。1階では農産物やお土産品を販売してます。

道の駅青雲橋の外観

道の駅青雲橋の外観

宮崎県北部は天然スキー場があるくらい寒く、マンゴーなんて採れないのですが、マンゴープリンやらマンゴーケーキなどが販売されてて凄い違和感があります(笑)。

んで、2階がレストラン。階段の踊り場にメニューがありました。一番人気はやっぱりチキン南蛮。

「勝つならカツ丼」というセンス...

「勝つならカツ丼」というセンス…

レストランに入ったところ。窓が大きく、眺めは最高です。右手に見えるのが、水面からの高さ137m、東洋一高いアーチ橋の「青雲橋」です。

右手に見えるのが「青雲橋」

右手に見えるのが「青雲橋」

早速お目当てのチキン南蛮定食をオーダー。金800円也。なかなかのボリューム。

チキン南蛮定食(800円)

チキン南蛮定食(800円)

お肉はモモ肉を使用。チキン南蛮では主に、サッパリとしたムネ肉か、ジューシーなモモ肉が使用されます。

思い出したらヨダレが出てきた

思い出したらヨダレが出てきた

ムネ肉かモモ肉かは意見が分かれるところですね(笑)。私はムネ肉派です。

以前、チキン南蛮の有名店、おぐら某店の店長に「チキン南蛮はムネ肉じゃないと」的なお話を伺ったことがあります。やっぱりムネ肉ですよ、ムネ。
余談ですけど、その店長曰く、揚げ油にはラードを使うのもポイントらしいです。

さてさて青雲橋のチキン南蛮。衣が若干厚かったり、タルタルソースに手作り感が無かったのは残念でしたが、福岡の居酒屋で出てくるインチキチキン南蛮(言いにくい)より数段美味い。

観光目的で日之影町に行く方は少ないでしょうけど(笑)、お隣には宮崎県イチの観光地、神話の里高千穂町がありますので、そちらに行かれる機会がございましたらついでに「道の駅 青雲橋」のことも思い出してあげてください。他のメニューも結構美味しいですよ。


 

スポンサーリンク