ペアリングに成功すると「LINK」が点灯

車で音楽を聴くためにSANKAのBluetooth FMトランスミッター「BTF-340」を買ってみた

 

どうも、最近ウインカーを使わないドライバーが増えてイライラしている☆代表☆です。

SANKAのFMトランスミッター

SANKAのFMトランスミッター

先日、旅先でレンタカーを借りたのですが、カーオーディオにiPhoneを接続する端子が無かったため、シガーソケットに挿すタイプのFMトランスミッターを購入しました。SANKAエレクトロニクスの「BTF-340 (SKBT-568)」です。

スポンサーリンク

理由はよくわかりませんが、メーカーのホームページでは型番がBTF-340からSKBT-568に変更されてますね。製品紹介ページのURLは末尾が「btf340」のままでしたので、同じ製品で間違いないと思いますが。

箱の裏

箱の裏

購入時のAmazon価格は2,879円(本体2,449円+送料970円)。iPhoneとトランスミッターを有線で接続するタイプのやつを探せばもっと安いのもあるんですけど、Bluetoothで接続する方がなんかカッコ良さげだったので(笑)。

外観はこんな感じ

外観はこんな感じ

使用するための手順はこんな感じ。

  1. シガーソケットに挿す
  2. トランスミッター上部のペアリングボタンを長押し
  3. iPhoneのBluetoothをONにしてペアリング
  4. トランスミッター側面のボタンで周波数を選択
  5. カーオーディオの周波数を合わせる

もちろん、一度ペアリングしてしまえば、それ以降は周波数を合わせるだけです。

上部にペアリングボタン

上部にペアリングボタン

iPhone側は「BTF-340」で認識

iPhone側は「BTF-340」で認識

ただ、このテのBluetooth機器を使ったこと無い人は最初のペアリングで詰まってしまうかもしれません。実際、同乗してた後輩に黙って渡したのですが、ペアリングのところでリタイアしました(笑)。機械がニガテな方は説明書をちゃんと読んでくださいね。

横のボタンで周波数を選択

横のボタンで周波数を選択

Bluetoothで飛ばした音楽を更にFMで飛ばすわけですから、音質の方は全然期待していなかったんですけど、意外や意外。思ってた以上に音が良くてビックリしました。普段、有線接続のFMトランスミッターを使用している後輩も、こっちの方がいいと絶賛。

ペアリングに成功すると「LINK」が点灯

ペアリングに成功すると「LINK」が点灯

また、トランスミッターの下部には充電用のUSBポートもあるので、iPhoneのバッテリーが心細くなっても心配無用です。接続用のケーブルは付いてないので、自分で用意する必要はありますが。

充電用USBポート付き!

充電用USBポート付き!

手軽で便利なBlutooth接続のFMトランスミッター。旅行などでレンタカーや友人の車に乗る予定がある場合などに用意しておくと、会話が弾まなかった場合でも車内が静かにならなくていいかもしれませんね(笑)。

 

スポンサーリンク