この状態でしばらく眺めてました(笑)

Apple Watch(いまさら)開封レポート

 

どうも、AUGM長崎2015レポートの続きを”無かったこと”にしようと企んでいる☆代表☆です。

本当にいまさらなのですが、写真をいっぱい撮ってたので「Apple Watch 42mm ミラネーゼループ」の開封フォトレポートを、写真多め、文字少なめでお送りしたいと思います。

詳しい情報はApple系有名ブログなどでお調べください(爆)

スポンサーリンク

宅配で届いた状態がこちら。

比較のためにアリーナ置いてみた

比較のためにアリーナ置いてみた

予約開始直後に注文をされた方には、品名のところに『Apple Watch』と書かれていたみたいですが、約1週間後(4/18)に注文した私のところには、『パーソナルコンピュータ』という品名で届きました。家族にナイショで購入したい方も、これなら安心ですね(え?)

矢印を引っ張って開封

矢印を引っ張って開封

運搬用の箱も非常に高級感があります。矢印のところからペリペリと開封。

緩衝材にも高級感が

緩衝材にも高級感が

緩衝材も高級感がある(笑)

Appleらしい白い外箱

Appleらしい白い外箱

真っ白な箱がお目見え。

外箱の側面

外箱の側面

箱の側面には仕様が記載されています。ちゃんと「ミラネーゼループ」って書いてある。

マトリョーシカ的な

マトリョーシカ的な

上蓋を外すと、中には高級お弁当箱がっ!

すげーズッシリしてます

すげーズッシリしてます

アップルマーク入り化粧箱のぎっしり感が半端ない。これ保管に使うだけではもったいないなぁ…

Designed by Apple in California

Designed by Apple in California

化粧箱を取り出したら、外箱の中にいつもの「カリフォルニアでデザインしてまっせ」の文字が。

いつもの手口ですね(笑)

いつもの手口ですね(笑)

その下にはプラグと充電器。

キター!

キター!

化粧箱を開いてご対面。美しい!

保護フィルムが丁寧に巻いてあります

保護フィルムが丁寧に巻いてあります

丁寧に巻かれた保護フィルムを外します。

この状態でしばらく眺めてました(笑)

この状態でしばらく眺めてました(笑)

なんちゅー美しさでしょうか。

充電器

充電器

無接点の充電器にも丁寧に保護フィルムが巻いてあります。表・裏・側面が繋がった1枚のフィルムで包まれてて、その芸の細かさにも感動しました。

ペアリング待機画面

ペアリング待機画面

いろんなサイトで散々目にしたでしょうが、ペアリングの画面です。この砂嵐をiPhoneのカメラで捉えるとペアリング完了。

ペアリング完了

ペアリング完了

ペアリングが完了した時の画面ですね。

各種設定やアプリなどを同期(多分)

各種設定やアプリなどを同期(多分)

その後、同期作業が開始されます。ここはちょっと時間がかかる。

 

以上、Apple Watch の開封レポートでした。使用感はまた報告したいと思います。

 

スポンサーリンク